プロフ自己紹介

ラブサーチ女性から好印象を受ける休みの過ごし方のプロフィール内容は?

ラブサーチで女性から好印象を受けるためには、休日の過ごし方に関してよく考えて書かなければいけません。
休日の過ごし方で、だいたいどのような人なのか女性は見抜いてくるからです。
好印象を与えるような休みの過ごし方について、紹介していきます。
まずは避けなければいけないポイントから始めましょう。
とにかくマイナスイメージを持たれないことが休みの過ごし方を書く上で重要です。

チャラいイメージを与えてはいけない

休みの過ごし方について詳しく書くのは良いのですが、一番やってはいけないのがチャラい男だと思わせることです。
ついつい、かっこつけたくなるのですが、女性にとってはマイナスイメージになることの方が多いです。

どんなものがチャラいと判断される?

休みの過ごし方でチャラいと判断される具体的な内容をお伝えします。
全てを書くことはできませんが、だいたいどのようなものがチャラい男と判断されるか参考にしてください。

・クラブ巡り
男からすればかっこいいと思うかもしれませんが、明らかに遊んでいるという印象を与えてしまいます。
しかも、背伸びをしてカッコつけている男と判断される場合もありますので最悪です。

・スポーツカーでドライブ
ドライブ自体は悪い事ではありませんが、スポーツカーとか外車でドライブと書くと、金に物を言わせて遊んでいると思われます。
お金を持っていることはアピールポイントになりますが、マイナスにも働きます。

・料理教室
休みの日に料理教室に行くのは家庭的という印象を与える場合もありますが、主婦狙いで遊んでいる男と思われる可能性もあります。
全体のバランスも関係しますが、チャラい男と判断される危険性があります。

・朝からお酒
正直で好感が持てそうな気もしますが、実際は自堕落な生活をしている人と解釈される場合が多いです。
お酒にだらしない人とは関わりたくないと思う女性も多いので、気をつけないといけません。
避けておいたほうが良いジャンルです。

あまりにもマニアックなものも避ける

ラブサーチの自己紹介で休みの過ごし方を伝える場合は、チャラ男になってもいけませんし、マニアックなオタクになってもいけません。
完全に趣味がフィットするという奇跡はありますが、可能性を広げたいならマニアックなものはやめましょう。

アイドルの追っかけは絶対にダメ

休みの日の過ごし方を正直に書くのは良いのですが、アイドルの追っかけをしているような男はラブサーチでモテません。
中には誠実だと思って、同じアイドルのファンの女の子を見つけることができるかもしれませんが、恋愛には発展しません。
ラブサーチ内でも、一般的には気持ち悪いと判断されてしまいます。

アニメやフィギア関係も避けておいた方が無難

アニメやフィギュアを集めるのは立派な趣味ですが、やはり女の子からマニアックと思われてしまうジャンルです。
アニメが大好きな女の子もラブサーチの中には居ますが、やはり一般的には好印象を与えるものではありません。

固すぎる印象を与えるものもやめよう

休みの日の過ごし方であるあまりにも真面目すぎると判断されるのもマイナスイメージです。
ある程度誠実な部分をアピールするのは良いのですが、書き方によっては嫌だと思われてしまいます。

好印象の読書も書き方でマイナスになる

例えば、読書と書く分には良いのですが、哲学書を読むとか、専門書を読むなどと書くと、とても固い人というイメージになります。
プロフィールは詳細に書くことで同じ趣味を持つ人を見つけることができますが、あまりにも狭めてしまうと好印象になりません。
堅物の男性と遊びたいと思う女性は少ないので、そのようなマイナスイメージは避けましょう。

休みの日の過ごし方は無難なものが好印象

休みの日の過ごし方に関しては、結果的には無難なものを挙げておいたほうが好印象になります。
プロフィールはなるべく具体的にというのは鉄則ですが、普通の人だというアピールをしておいた方が可能性が広がります。

どのような過ごし方が好印象?

基本的には爽やかな趣味を持っている人というイメージを与えるのが大切です。
簡単に言えばスポーツ観戦とか、ドライブや読書など一般的な趣味を書いておくのがポイントです。
前述しましたが、ある程度ざっくりとした書き方にしておいた方がマイナスイメージになりにくいです。

つまらない男と思われない?

休みの日の過ごし方でざっくりとしたことしか書いていない人はつまらない男と思われるのではないかと不安になります。
でも逆に女性からしたら、安心できる男性だというイメージにも繋がりますので、チャンスが広がるのです。
女性は、あまりにもこだわりが強い男性に好印象は抱きませんから、普通の男だと思われているくらいがちょうど良いのです。

変にアピールしないことも大切

基本的にラブサーチでは、男性側は自分から行動しないといけません。
自己紹介部分をユニークなものにしたからといって相手からメールがたくさん来るというものでもないのです。
休みの過ごし方で、お金を持っていることや、自分が頭が良いということをアピールしていると、メッセージを送っても無駄になります。
無難な休みの過ごし方をしている男性が、実はお金持ちだったという方が女性にとっては好印象です。
ギャップ効果を利用するためにも、変にアピールしないで大まかなジャンルだけ書いておくのが良いのです。

ざっくりとした書き方のメリットとは?

ラブサーチで休みの過ごし方に関してはざっくりとした書き方が良いのですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

向こうに興味を抱かせる

自己紹介はあくまでもだいたいどんな人かということだけを伝えるものです。
休みの日に普通の過ごし方をしているというだけで女性は安心します。
そして向こうが例えばどのような本を読んでいるのか、どんなスポーツが好きなのかと興味を抱いてくれたら会話が発展します。
自己紹介の時点でかなり具体的にこのスポーツのこのチームが好きということが分かってしまうと、会話が盛り上がりません。
大体は分かるけれども、具体的にどんな休みの過ごし方をしているのか聞いてみたいと思わせたら勝ちです。

痛い男ではないことを伝えられる

ラブサーチで避けられる男は、痛い男です。
背伸びをしていたり、自慢ばかりをしている男はほとんど成功しないのが常識です。
かっこいいことはサラッとやるので、かっこよくなるのです。
まずは休みの過ごし方で、かっこつけ男ではないということをアピールできます。

後でギャップ効果を作ることもできる

平凡な休みの過ごし方をしていると思った男が、意外とお金を持っていたり、頭が良かったりすると、一気に点数が高くなります。
そのためには、プロフィール欄ではハードルを下げておくことが大切なのです。
ギャップ効果を狙うためにもざっくりとした書き方が大切です。

休みの日の過ごし方は無難にざっくりと

休みの日の過ごし方で好印象を与えることについて考えてきました。
簡単にまとめてしまうと無難にざっくりと書いておくのが女性に好印象を与えるのです。
普通の人ですよということをアピールして、具体的には何をしているんだろうと思わせるのがコツです。
あまりにも張り切ってラブサーチを使っていると思わせない方が、良い出会いに繋がります。
王道の休みの日の過ごし方を書いておきましょう。