プロフ自己紹介

最近のハマり・趣味も丁寧に紹介!趣味からもラブサーチ女性はあなたを判断!?

ラブサーチを使う上で重要になってくるのがプロフィールです。
特に最近のハマりや趣味の情報は大切で、会話作りに役立てやすいのがポイントです。
女性が声をかけるかどうか考えるために使う場合も多いため、しっかりと書いた方が良いのです。

最近のハマりや趣味でその人の性格がわかる?

最近ハマっていること、趣味は女性が特に良く見る箇所です。
プロフィール写真とセットでチェックする女性が多いのがポイントで、丁寧に書かないことで損をしている男性は珍しくないのです。
理由はハマりでトレンドなどに敏感かどうか、趣味でセンスがあるかどうかが読み取れるからです。
共感できる部分がなければ会話自体が成り立たないケースが増え、メッセージの送受信のハードルがあがります。
しかし、自分と同じものにハマっている人や、同じ趣味を持っている人であればより近い距離感で会話ができます。
話題をふるにしても相手の趣味などがわかった方が会話のフックが作りやすいため、丁寧に力を書いておいた方が良い部分なのです。

女性は趣味などの情報を深く読んでいるのがポイントになる

女性はハマりや趣味の情報から様々な情報を読み取ります。
女性目線でどう自分が見えるのか考えることも大切になってくるのです。

・トレンドに敏感かどうか
最近のハマりでトレンドに敏感かどうかがかわります。
同じくハマっている人だけでなく、興味があるけどまだ良くわからないという女性から声がかかるケースもあります。
また、トレンドからずれていても興味のある傾向がわかるため話しかけやすくなります。

・趣味でお金の使い方がわかる
趣味を見るとどのようなお金の使い方をしているかがわかるケースがあります。
ギャンブルが趣味に入って入ればお金使いが荒いと思われる可能性が高く、ギャンブル好き以外の女性から引かれる可能性が高くなります。

・アウトドア派かインドア派かもわかる
アウトドア派かインドア派かなど、おおよその傾向もわかります。
引っ張って欲しい女性はアウトドア派を選ぶなど、趣味の傾向から相手を選ぶケースもあるのです。

・変わったことをしていればそれだけで目立つ
変わったことにハマっている、変わった趣味を目立っている人はそれだけで目立つポイントになります。
あえて変わったことを書いて会話のフックに使う人もいるのです。

丁寧に書くポイントを間違えないことが大切

ラブサーチを使う上で最近のハマりや趣味を書くことは会話のフック作りに大切になります。
丁寧に書くことは大切ですが、丁寧にする部分を間違えるとマイナス印象になることがあります。
自分の趣味などをありったけ書くのは一つの方法です。
しかし、女性がどう受け止めるかも考えて調整しないと効果が薄くなる可能性があります。
たとえばアウトドア系の趣味と、インドア系の趣味の両方を持っている人もいます。
どちらも書いてしまうのも方法ですが、アウトドア系またはインドア系の相手を求める女性からするとどっちつかずになる可能性があります。
自分を印象付けるためにあえて偏った趣味に寄せ、人の興味を引くのも方法なのです。
最近ハマっていることで趣味とは逆のジャンルを入れてギャップを打ち出すのも方法です。
趣味というほど長くは続けていなくても、興味があることを示すだけでプラスになることもあります。
意識的に調整してよく見せることは大切で、正直に書けばいいというわけではないのです。

アピールしたい女性層を意識して調整するのも方法

ハマっていることや趣味を書く場合に、アピールしたい女性層を意識して調整する方法もあります。
パチンコや競馬などの趣味はギャンブル好きの女性には好印象になります。
しかし、真面目な出会いを求める女性や恋愛を求める女性にはマイナスになる恐れがあります。
結婚を視野に入れる場合は特にハードルがあがるためハマっていることや趣味だけで連絡の対象から外される可能性が高まります。
問題は結婚などを視野に入れずに、お嬢様などと遊びたいと思っている場合です。
ラブサーチを利用する人の目的はそれぞれ違うため、趣味を隠すことで付き合ったり遊べる可能性も出てくるのです。
真剣な出会いを求める場合は隠さずに書く、遊ぶのがメインであれば不利そうな情報は隠してしまうのも方法になります。
育ちのいいお嬢様を狙うのであれば、お嬢様受けが良さそうな趣味を選ぶなど意図的に調整するのも大切です。
趣味と言えるほど詳しくないのであれば、最近ハマっていることとして初心者であることをアピールするのも方法になります。
無理に上級者として振る舞うよりも相手を立てる感覚で話題を誘導していくことも可能だからです。
趣味としてコーヒーや紅茶を飲むといった情報を書くだけでも読み取り方が変わってくるのもポイントです。
趣味として飲むなら様々なお店で飲む、あるいは自分で淹れるのだと相手が思ってくれることも増えます。
印象は作るものという意識も大切になってくるのです。

女性ウケを考えるならリサーチをするのも方法

アピールしたい女性層が決まっている場合は、リサーチした上で趣味を書いていくのも一つの方法です。
自分の趣味だけを追求するスタイルをストイックに感じてくれる女性はいますが、話題の広がりがないとコミュニケーションが取りづらくなります。
同じ趣味でも追及の仕方や取り入れ方が違うのがポイントです。
会話のきっかけにするだけでなくデートの内容を左右することもあるからこそ、自分から学んでいく姿勢も必要なのです。
同じ趣味でも、女性向けのグッズが販売されているジャンルなどもあります。
女性はファッションなどに気を使うケースが多く、小物などにも気を使うことがあります。
軽く調べて女性向けのブランドもあるというように、男性ジャンル以外にも目を向ける姿勢を示すと配慮ができる人間だと思われます。
自分が好きな趣味でも女性がどう楽しんでいるのか、女性向けのお店などがないか調べておくことは大切なのです。
自分好みの女性が好きそうな趣味を学んで書いておくのもラブサーチを使いこなすのに重要なポイントなのです。

趣味などに気をとられてプロフィールと矛盾ができるとマイナスに

ハマっていることや趣味の情報は大切ですが、プロフィールに書いていることと矛盾があるとマイナス印象になります。
たとえば、恋愛相手を求める人をターゲットに貯金が趣味と書いてあるのに、飲み歩きが趣味と書いてあればチグハグな印象を受けます。
飲食にお金を使う人は珍しくないため、金遣いが荒いと思われる確立があがります。
また、貯金が趣味だとそれ以上話が広がらず、話題にも困りかねないのがポイントです。
ある程度遊んでいる人でなければデートでリードしてくれる人と思ってもらえないのです。
もし、飲み歩きが趣味であればどの程度の周期で出かけるのかも書いておくのがおすすめになります。
月に一度の贅沢であれば貯金の趣味と両立できる可能性もあります。
もっとこまめに出かけていれば最新の飲食店情報などもチェックしている人なのではないかと期待がもてるようになります。
女性に期待してもらえるプロフィールにするのはラブサーチをうまく活用する基本になります。
趣味やハマっていることとメリハリをつけることが大切になってくるのです。
実際に両立が出来ていることでも言葉足らずだと印象が変わってしまうため、他人が見たらどうかをチェックする必要があります。