メール継続コツ

その日のやり取りのうちに必ず1度は「返信ありがとう」を伝えること!

その日のやり取りのうちに必ず1度は「返信ありがとう」を伝えること!

ラブサーチでメールのやり取りが始まったら、ついついテンションが上がるものです。
この女の子は自分とだけメールをしているという錯覚に陥るほど勘違いしてしまう場合もあります。
それでも最低限のマナーはしっかりと守らないと相手にされなくなってしまいます。
バランスは難しいのですが、ありがとうを伝える大切さについて考えてみましょう。

メールのやり取りで女の子が見定めていること

ラブサーチのメールのやり取りが始まったら、女の子は文面を通してこちらの性格や人格を見抜こうとしています。
意識してやっているかどうかは別として、いろいろな角度で観察しているのです。
そのことを忘れないようにしたいものですね。

どんなことを見定めているの?

ラブサーチのメールの最中に女の子は具体的にどのようなことを見定めているのでしょうか?

・礼儀正しい人かどうか
文面には言葉以上にその人が礼儀正しい人なのかが現れます。
女の子側としては見知らぬ人と会うかどうかを決定しているわけですから、礼儀正しい人なのかを確認したいのです。

・感謝を伝えられる優しい男性かどうか
フランクに話すことも望んでいますがやはり優しい男性を求めている部分も多いです。
なぜかというと、ラブサーチでは出会いを求めて交際したいと考えている女性が多いからです。
交際相手にはやはり優しさを求めるものなので、メールのやり取りの時からそれを見定めています。

・一般常識がある人かどうか
ラブサーチでは、遊び人だけがモテるというわけではありません。
一般常識がある人に最終的には人気が集まります。
メールの文面にあるやりとりを通して常識的な男性なのかどうかを見極めているということを忘れないようにしましょう。

必ず一度は「返信ありがとう」と伝える

上記に挙げた通り、女の子はメールのやり取りを通して相手の人格を見抜こうとしているわけですから、常識は守りましょう。
メールのやり取りをしている時には1日1回必ず返信ありがとうという気持ちを伝えることで、ポイントが急上昇します。
感謝を伝えられる優しい男性ということもわかりますし、常識的な人間だということもアピールできます。
あまりにも固い男性は人気が出ませんが、礼儀正しさはある程度必要なのです。

女の子は色々な人のメールに返信している

ラブサーチでメールをやりとりしている女の子は、一度にたくさんの人とメールを交換しています。
自分だけとメールをしていると勘違いしてしまうと、返信ありがとうという気持ちがなくなります。
そうすると1日1回ありがとうを伝えるのを忘れてしまいますので注意しましょう。
多くの男性とメールをやり取りしているということは、メールの文面からどういう人かを見抜く力がとても高いということです。
俺様キャラを作っても良いのですが、その中でも感謝は伝えるというギャップを作ることが重要です。

ありがとうを言い過ぎてもダメ

返信ありがとうという文面を1日に1回は入れる必要がありますが、ありがとうばかり言いすぎてずっと距離感が縮まらないのも問題です。
バランスの話になりますが、やはりメールをやりとりする目的としては、距離感を縮めることですから、適度な回数にしておきましょう。
1回も返信ありがとうと言わないのも問題ですが、毎回テンプレートのように返信ありがとうから始めていても相手に感謝は伝わりません。

本当に返信ありがとうと思っているか

ラブサーチでいろいろな女の子とメールをしていると、どの女の子に返信ありがとうと言ったか分からなくなってしまう場合があります。
重要なのは、本当にメールが返ってきた時に返信してくれてありがとうという気持ちになっているかです。
女の子には山ほどメールが届いている中で、自分のメールにわざわざ時間を使って返信してきてくれているという事を思い出しましょう。
そうすると心から返信ありがとうという気持ちを伝えることができます。

毎回同じ言葉で感謝を伝えるのはよくない

毎日必ず一回は返信ありがとうという気持ちを伝えるのですが、ついついルーティンになってしまうと同じフレーズで伝えるようになります。
女の子によってはメールを読み返したり、過去のメールをさかのぼったりするタイプもいるのです。
そういうタイプの女の子だったら、いつも同じフレーズで感謝を伝えていると、本当にそう思っているのかと疑われてしまいます。

パターンを増やして感謝を伝える

メールの返信に対する感謝のバリエーションを増やしていきたいものですが、その為には色々なパターンを作っておきましょう。
軽い感じで返信ありがとうというニュアンスを伝える場合と、しみじみと返信ありがとうというニュアンスを伝える場合では異なります。
色々なパターンの文面を考えておくと良いです。
ビックリマークを付けるかどうかでも印象が変わりますし、語尾を伸ばす感じにするかでも印象が変わります。
いろいろな変化をつけることによって、本当に感謝してくれているんだなということが伝わるようにしましょう。
出だしに書くか途中に書くか、もしくは最後に感謝の言葉を入れるかなどいろいろと工夫できるところはあります。
大事なのは心から返信してくれてありがとうという気持ちと共に書くことと、毎回同じパターンにならないことです。

メールは会話以上にその人の人格がわかる

メールで返信ありがとうと言う必要性について、そもそも疑問に感じる場合もあるかもしれませんが、メールでは礼儀がとても重要です。
実際に電話で話しているのと違い文字だけで判断するわけですから、声のトーンや話し方で伝わるニュアンスがカットされます。
ある意味では普通の会話以上にその人の人格が出やすいものなので、好印象を与えることも悪印象を与えることもあります。
そのことをしっかりと意識して、ちゃんと毎日返信してくれてありがとうという言葉を添えましょう。

相手の立場になって考えてみる

ラブサーチでメールをやり取りするときには、まず相手の立場になってメールを読み返してみましょう。
送信する前に以前のメールや、今書いているメールを読み返して、感謝の気持ちがうまく伝わるかどうかを確認します。
自分のやり方を突き通すのではなくて今までのやり取りでわかった相手の印象と照らし合わせて考えましょう。
ラブサーチでメールをやり取りできるようになったらかなり脈ありなので、とにかく丁寧な対応をすることが大切です。

1日1回「返信ありがとう」を心から伝えよう

ラブサーチでメールを交換するようになったら、心からの感謝の気持ちとともに返信してくれてありがとうと伝えましょう。
相手の気持ちになって考えてみて、テンプレートのような伝え方ではなく、女の子の心に届くような伝え方を心がけます。
メールを読み返したり、送信する前によく考えたりして、この人と会ってみたいと思わせましょう。
メールのやり取りは本当の自分の人格が表現されるので、適当にやっていると相手に悪印象を与えてしまうので注意が必要です。
純粋な気持ちとテクニックの両方が大切になりますので、頭を使いながらメールのやり取りをしましょう。