メール継続コツ

メールに軽い質問を1つ入れること!質問は会話に広がりが出る王道テクニック!

ラブサーチでのメールのやり取りは非常に重要なポイントです。
メールのやり取りが始まったら質問を入れることで会話が盛り上がるかどうかが決まります。
ただし、質問は重いものだったり、複数あると逆に女の子にとっては負担になります。
その辺のバランスを取るのが難しいのですが、具体的にどのような質問を入れたらよいのか説明します。

日記のようなメールでは会話は発展しない

ラブサーチで女の子とメールができるようになると一気にテンションが上がるのでついついたくさん書いてしまいます。
でも、日記のような感じで自分のことばかりを書いていると、女の子はどのように返信して良いのかわかりません。
質問が入っていないと会話に発展しませんから、軽い質問を入れるように心がけるのが大切です。
これは基本中の基本で王道のテクニックですがなかなか奥が深いです。
当たり前のようなことですが意外とメールだとこれが出来ていない場合が多いので注意しましょう。
そして、質問をすれば良いというだけではないのも難しいところでしょう。

なぜ軽い質問じゃなければいけないの?

ラブサーチでのメールのやり取りをしているということは、まだ実際に会ったことのない人との会話です。
ですから、会話を続けるために重い質問をしてしまうと、逆に会話が途切れてしまう場合が多いです。
どのような質問が女の子にとって重く感じるのか具体的な例を挙げて考えてみましょう。

具体的にどんな質問が重いの?

メールでは軽い質問を入れるのが王道ですが、具体的にどのよう質問が重いのか、なぜ重く感じるのかについて説明します。

・結婚願望はあるの?
何気なく聞いた質問でも、相手にとっては非常に重く感じる可能性が高い質問です。
ラブサーチではとりあえずメールで感触を確かめてから実際に会ったりデートをするかを決めるものです。
いきなり結婚の話をされると女の子にとっては警戒しなければいけない相手というイメージを与えてしまいます。

・貯金はどれくらいあるの?
冗談で聞いたつもりかもしれませんがラブサーチの中には、男に利用されて傷ついている女性もいるかもしれないのです。
メールでこのような質問をするとトーンがわからないので、冗談として受け止めてもらえない可能性もあります。
すでに信頼関係がかなり構築されているなら別ですが、まだそれほど知り合っていない時点でこのような質問は避けましょう。

・スリーサイズはどれくらい?
これも男性側からしたら冗談のつもりで聞いている質問かもしれませんが、受け取る女性の気持ちになると重い質問の一つです。
体型に関しては、男性が思っているよりも女性はコンプレックスに感じている場合が多いので、いきなり聞くのは失礼です。
また、体目当てでなかったとしても、そう取られてしまい会話が終わってしまう可能性があります。

質問攻撃にならないようにする

軽い質問ができるようになったとしても、今度は質問の数にも注意しなければいけません。
基本的に一つのメールには軽い質問を1つしか入れません。
質問の内容は問題なかったとしても、山のように質問があると女の子は返す気もなくなってしまいます。

そもそも男性と女性ではメールの量が違う

ラブサーチを使っている男性には想像がつかないことかもしれませんが、男性と女性では受け取っているメールの数がかなり違います。
山のようなメールが届く中で返信するかどうかを決めているので、質問がたくさんあるメールは後回しにされてしまいます。
自分がメールをしている時には、女の子側は複数の人と一気にメールしているということを覚えておきましょう。

メールが始まってもライバルはたくさんいる

男性側と女性側では一つのメールに対する熱量が違うので、とにかく返信しやすいメールを送るのが大切です。
メールを送りあう仲になったからといって、ライバルがいないわけではありません。

趣味を引き出す軽い質問がベスト

いろいろなことを考えるとどんな質問をしたらよいのかわからなくなってしまいます。
基本となるのは、女の子がたくさん話したいと思う話題を引き出すような質問です。
プロフィール欄をしっかりと読んで、その子の趣味に関して軽く質問してみましょう。

知っている内容でも知らないふりをする

趣味に関しての質問をする時に心がけたいのは、相手がとにかく説明したい内容に話題を持っていくことです。
ですからすでに自分が知っている内容かもしれませんが、知らないふりをしながらメールを送ることが大切です。
女の子は自分の趣味についてとにかく説明をしたいのです。
それは知っているというような態度をとられてしまうと、もう話したくなくなります。
ですから、質問が帰ってきた後のレスポンスメールも非常に重要です。

あまりにも基本的すぎる質問もダメ

ラブサーチで女の子と上手くいくためには共通の趣味があった方が良いです。
そのために趣味の説明をさせるための質問を入れるわけですが、あまりにも無知な人には返信したいと思いません。
軽い質問を1つ入れるのですが、あまりにも基本的なところから聞きすぎるのもよくありません。
ある程度その趣味について知っているけれども、ここの部分が分からないので教えて欲しいというイメージの質問がベストです。
女の子に説明させたいという気持ちから、知らないふりをしすぎて、この人はこの趣味に全く興味がないのではないかと思われてもダメです。

困ったら食べ物やお店の質問も使える

趣味に関する質問がうまく思いつかない場合は、今日食べた食事のメニューや、最近行った美味しいお店についての質問でも良いです。
食事のメニューに関しては、とても軽い質問なので答えやすいですし、基本的に女の子は食べることが好きなので盛り上がります。
ついついラブサーチではカッコつけたメールを送りがちですが、こういう単純な質問でも十分に話は盛り上がります。

最近行ったお店の質問をする時の注意

食べ物に関しては最近外食をした時の話を質問しても良いのですが、プライバシーを探っているイメージは与えないようにしましょう。
住所を聞き出そうとしているというイメージを与えると警戒されてしまいます。
お店の名前を聞くのではなくて、どんなメニューがあるかとか、どんなジャンルのお店が好きなのかなど、軽いものにしましょう。
最近は個人情報に関してかなり神経質になっている女の子たちが増えているので、ラブサーチのメール交換の時にも気をつけたいものです。

返信しやすい軽い質問を必ず1つ入れよう

ラブサーチでのメールで会話が発展するための質問について考えました。
ポイントとなるのは、まず日記のようなメールにならずに質問を入れることです。
そしてその質問は重く受け止められないようなごく普通なものが良いです。
質問の内容だけではなくて量にも気をつけなければいけません。
質問攻撃になってしまうと別の人とのメールのほうが楽しいと思って、ライバルに取られてしまいます。
趣味について少し詳しく聞いたり、ご飯の話を聞くなど、通常の会話で女の子が喜びそうな質問を1つ入れます。
そのようにして、メールでの会話を盛り上げましょう。