ラブサーチ特徴

ラブサーチでは「いいね!マッチング」が不要だから即メッセージが送れる!

マッチングアプリの中にはお互いにいいねをおさないとメッセージが送れないものがあります。
しかし、ラブサーチはいいねを交換しなくても直接メッセージが送れるため、メッセージからすぐに出会いに繋がるケースがあるのが魅力です。

いいねを送りあうマッチングアプリはルックス重視になりがち

いいねマッチングを利用するアプリは、気が合う相手のみを選べるというメリットがあります。
一方で、プロフィールの写真だけで判断されるケースも多く、ルックス重視で出会いのチャンスが減るということもありえます。
ルックスに自信がある人なら問題はなくてもコンプレックスがある人は勝負をかけづらいのです。
トーク勝負に持ち込むまでのハードルが高いことがネックになります。
ラブサーチはいいねを送りあわなくても直接メッセージが送れるのがメリットです。
プロフィールで気になる情報があったら気になる情報を盛り込みつつとりあえず話しかけることからはじめることができるのです。
会話の切り出し方でチャンスが広がるのは大きなメリットになります。

ラブサーチの魅力はメッセージで気軽に声をかけられること

ラブサーチはいいねを送りあわなくても気軽にメッセージを送ることができます。
プロフィールで気になった人に即メッセージを送れるのは大きな魅力です。
いいねを相互におさなければメッセージが送れないシステムの場合、いついいねが返ってくるかがわからないのがポイントになります。
好印象を持っていてもタイミングを待たなければならないためすぐにデートにつなげることが難しい場合があるからです。
会話やデートに使える時間は重要なため、思いついたときにすぐに連絡をとれることは大切になります。
気軽に声をかけられるからチャンスに繋がることは珍しくなく、積極的になれないからこそ出会いのチャンスが訪れない人が増える理由にもなっています。
自分から会話の主導権を握りやすいのもメリットで、待ちの姿勢を避けたい人や、すぐに出会いに繋げたい人に向いています。

ラブサーチの利用に向いている人はどんな人?

ラブサーチは直接メッセージを送れるのが大きなメリットです。
さらに利用に向いている人の特徴をまとめてみます。

・積極的にアプローチをしたい
直接メッセージを送れるので出会いまでのスピードを短縮できます。
反応がない相手ならすぐに切って別の人にアプローチすることが可能です。
積極的に出会いを探す人に特に向いています。

・トーク力で勝負ができる
いいねを使ったマッチングはルックスやプロフィール重視になってしまい、会話などの中身で勝負しづらいのがデメリットです。
ラブサーチは直接メッセージが送れるのでトーク力で勝負ができます。

・カジュアルに出会いを求める人にも使いやすい
誰にでもメッセージを送れるため、出会いのハードルが低いのもラブサーチの魅力です。
カジュアルな出会いやメッセージからの交流に繋げやすくなっています。
メッセージから交流を深めて合コンなどのセッティングに繋げる人もいます。

・いいねとメッセージを使い分けられると更にプラス
ラブサーチはいいねを交換しなくてもメッセージが送れます。
しかし、いいねの機能自体はあり、プロフィールなどをみていいねをつけることもできます。
優先順が低い相手にはいいねだけをつけるなど、使い分けもできるのです。

直接メッセージを送れるから注意したいことも?

直接メッセージが送れるのは大きなメリットですが、注意点もあります。
やりとりがなくてもメッセージが送れると言うことは、相手が自分の情報を全く知らない状態でも話が触れるということです。
メッセージからプロフィールをたどってチェックするなど手間をかけてくれないと、どんな人からメッセージがきたかもわからないのです。
突然知らない人からメッセージが来ても驚く人がいることに注意が必要になります。
ありがちな失敗もあります。

・ため口で話してしまって返信がこなくなる
メッセージをため口で送ってしまい、反応が返ってこなくなるのはあるあるです。
知らない人にメッセージを送ることを前提に丁寧語や敬語を使い分けることは大切になります。
カジュアルな出会いを求める人はため口で、少し奥手な傾向がある人には丁寧語などと工夫するのがおすすめです。

・プロフィールを読んでないとテンプレだと思われやすい
相手のプロフィールを読むことは重要で、相手によって文面を変えないとテンプレートで大量にメッセージを送っていると思われます。
最悪の場合は業者を疑われてしまうのでプロフィールを読んだ上でしっかりと文面を作ることも大切です。

自信がある場合は直球でデートなどに誘うのも方法ですが、相手とのイメージのギャップに注意が必要になります。

あしあとをつけている人にメッセージを送るなど工夫するのもおすすめ

ラブサーチにはあしあと機能があり、だれがプロフィールを見たかを気軽にチェックできます。
初対面の人にメッセージを送るのに抵抗がある人はあしあとがついている人を優先して送るのがおすすめです。
少なくともプロフィールを見ている、何かしら気になる情報があったからこそあしあとがついているからです。
いいねもついている場合はメッセージの返信率も高まります。
自分好みのルックスの異性にばかりに声をかける人もいますが返信率が低すぎてあきらめてしまう人も多いからです。
何かしらの繋がりがある人に話しかけた方が返信率は上がりやすく、出会いにも繋げやすいのです。
「プロフィール閲覧ありがとうございました」など、会話の出だしを作りやすいのもポイントです。
その上で自分のどこが気になったのかを聞いてしまえば自然に会話に繋げることができます。
相手のプロフィールから趣味などの情報を拾って話題を振るなど会話のハードルを下げることができるのです。
相手が反応しやすいからこそ、メッセージが続きやすくなります。

ある程度数を出すことも重要になってくる

異性にメッセージを送る場合に緊張してしまう人は多いはずです。
出会い系、マッチングアプリになれていない人であればなおさらです。
しかし、メッセージを送る場合はある程度数を送る意識も大切になってきます。
これは異性がいつメッセージを見ているか把握しきれないためです。
気合を入れたメッセージを送っても、相手がログインしなければチェックされないことになります。
反応をもらえるまでの時間が読めないだけでなく、利用自体をやめてしまうケースなどもあります。
特別に気になる人にだけメッセージを送るのではなく、複数人にメッセージを送って反応を良い人だけやりとりをするという人も珍しくないのです。
お見合いをするわけではないため、複数の人とやりとりをして相手を見極めることも大切になります。
数割返信があればよいのがマッチングアプリ、出会い系アプリの常になるためある程度数を送ることも大切なのです。
数を送れないからこそ出会えない人や、メッセージを送りなれていないからこそ相手の反応を得られないケースもあります。
手軽にメッセージを送れることを武器に、どのような文面だと反応を得やすいのかを学び、経験を積んでいくとさらに出会いのチャンスが広がります。
いいねマッチングアプリのデメリットには、メッセージを送るチャンスが減り、トークスキルが磨かれないという面もあるのです。