誘う方法

デートに誘うタイミングを見逃すな!直アド・LINEを交換から間が空くのはNG!

ラブサーチで直アドやLINEを交換できたら積極的にアプローチしていく必要があります。
デートに誘うのをためらっていると、チャンスを逃してしまう可能性があるからです。
直アドやLINEを交換してからデートに誘うまでに時間がかかってしまうとなぜNGなのか説明していきます。
また、どうやったらポジティブに誘えるかもまとめていきます。

直アドやLINEを教えるのは信頼の証拠

ラブサーチでのやり取りをしていて、直アドやLINEをゲットできた時には、向こうもデートをする気持ちがあるという証拠です。
まったくその気もなければラブサーチ上でのやりとりだけを続けておけばいいわけですから、自信を持ってアプローチしましょう。
逆にデートに誘うまでに間が空いてしまうと、女の子側としてはどんどんネガティブな方向に進んでしまいます。
具体的にはどのような感情になるのでしょうか?

なかなかデートに誘われない女の子の気持ち

直アドやLINEを交換したのになかなかデートに誘われない場合、女性側としては色々なネガティブな感情が発生します。
例えば以下の通りです。

・相手は業者だったのではないか
相手を信頼して連絡先を教えたのにデートに誘われないと、何かの宣伝や商売のためにもぐりこんだ業者なのかという疑いが出ます。
一度疑われてしまうとデートに誘っても断られてしまう可能性があります。

・自分にはもう興味がない
ラブサーチで本気で知り会ってみたいと思う相手からデートに誘われないと女の子はがっかりします。
そして自分にはもう興味がなくて別の相手が見つかったのだと考えてしまう場合が多いです。
今までの連絡は本気ではなかったのかと全てがネガティブな方向にいってしまいます。
こうなってしまうとなかなか修正するのは難しいです。

・本気で出会いは求めていなかった
連絡先は交換したのにデートに誘われないと、もしかしたら既婚者だったのかとか婚約者がいたのかもしれないなど、遊びを疑われます。
特にラブサーチで嫌な思いをしたことがある女の子だと、少しデートに誘うのが遅れただけで、心を閉ざしてしまう場合が多いのです。

デートに誘うタイミングはいつ?

LINEなどをゲットして直接やりとりできるようになったら、どのタイミングでデートに誘えば良いのでしょうか?
基本的にはこの状態ではすでにある程度も信頼関係ができていますので、どのタイミングで誘っても良いのです。

早ければ早いほど相手は嬉しい

早ければ早いほどその女の子に会いたいという気持ちが伝わりますし、盛り上がっている間にデートする方が上手くいく確率が高いです。
山ほどアプローチしてくる相手がいる中から、連絡先を教えてくれたわけですから自信を持ちましょう。

余計なプライドは捨ててデートに誘う

あまりがっつくと余裕がない男に思われるのではないかと考えがちですが、連絡先を交換した時点でそのようなプライドは捨てるべきです。
そもそもラブサーチに登録した時点で、変にカッコつける必要はありません。
純粋に良い出会いを探していて、自分がタイプの女の子を見つけたらデートに誘うのは自然な流れです。

断られたらどうしようとは考えない

連絡先を教えてくれただけで、デートに誘って断られたらどうしようと躊躇してしまう場合も多いですが、考えすぎです。
もしもデートに誘ってそれを断られたら、それはそれでいいというぐらいの割り切り感が重要です。
これもやはりプライドに関係するものですが、誘わなければ絶対デートには持ち込めませんし、アクションは起こすべきなのです。

男からデートに誘うのがマナーである

ラブサーチで直アドやLINEをゲットしたら、男側からデートに誘うのがマナーだと考えておきましょう。
もちろん中には女性側から積極的にデートに誘ってくれる場合もあります。
しかし、ほとんど誘ってもらうのを待っている女の子ばかりですから、こちらから誘ってあげるのが親切なのです。
男としては向こう側からデートに誘ってくれた方が楽だと感じますが、連絡先を交換したらこちらから積極的に誘うのがマナーです。
タイミングを逸してしまったら今後ずっとデートができない可能性が高くなります。

一発目は断られても当然と思う

なかなかデートに誘えなくて間が空いてしまうという男性は、一発目はデートに誘っても断られるものだと思い込みましょう。
断られても当然なので、とりあえず間を空けるよりもストレートに誘うべきです。
なかなか素直になれなくて1回目はちょっとやんわりと断ってくる女性もいます。
それでも何度もアプローチしていれば必ずデートに応じてくれますので諦めずにアタックしまくりましょう。
玉砕覚悟でデートに誘うのが成功する秘訣なのです。

優柔不断な誘い方は逆にNG

ラブサーチを使っている女の子側からして一番最悪な誘われ方は、デートに誘われているのか誘われていないのかわからない状態です。
直アドやLINEを教えているのに、遠まわしなデートの誘い方しかできない男は信頼できないと思われます。
ですから、自分はあなたとデートしたいんです!という気持ちが伝わるようにストレートに誘いましょう。
しかも連絡先を交換したらすぐにアプローチを開始することで、中途半端にならないで済みます。
中途半端な誘い方をして、相手からデートに誘わせるというのは一番最悪な方法です。
恋愛のテクニックの一つで駆け引きは重要なものですが、ラブサーチを使っているわけですからそんなテクニックは必要ありません。

デートする気ゼロならラブサーチにいない

どうしてもデートのタイミングがつかめないという場合は、自分を無理やりにでもポジティブ思考に持っていきましょう。
そもそもデートをする気が全くない女の子ならラブサーチに登録することはありません。
しかも、直アドを交換するというのも女の子にとっては勇気のいることです。
相手はデートの誘いを待っているのです!
そう考えてみたら、間を空けずにすぐにデートの誘いをできるはずです。

直アドやLINEを交換したら間を空けずにデートに誘おう!

ラブサーチで直アドやLINEを交換できるということはデートに誘ってくださいと言われたようなものです。
逆に誘わないと女の子に悪印象を与えてしまいます。
どうしてネガティブな方向に進んでしまうのかは説明した通りなので、女心を理解できるように努力しましょう。
優柔不断な誘い方ではなくてストレートにデートをしたいという気持ちをぶつけてみて、一度目はダメでも仕方がないと考えます。
男から誘うのがマナーですから、誘いは早ければ早いほど女の子にとっては嬉しいものだということを忘れないようにしましょう。
なかなか勇気がでなかったとしても、無理やりポジティブな方向に自分を持って行って、デートに誘いましょう。
間が空いてしまって、本気度を疑われたり、最悪業者なのではないかという気持ちにさせてしまったら、うまくいく確率はほとんどなくなります。
ラブサーチで直アド交換まで行くのは、簡単な事ではありませんからチャンスを絶対に無駄にしないように、積極的にアプローチしましょう。